【2303】ドーン と「110番映像通報システム」

銘柄研究

ドーンのホルダーであれば皆さんご存知だと思いますが、「110番映像通報システム」の10/1からの試行運用開始(予定)が正式に発表されましたね。

来年4/1からの本格運用を目指すとのことです。

110番で動画も送れるように 警察庁が「映像通報システム」をテスト運用へ
警察庁が「110番映像通報システム」の試行運用を開始する。スマートフォンやタブレットを使い、通報と同時に事件・事故の様子を映像/画像で伝えることで、現場の様子を事前に把握することができる。



このシステム、果たしてドーンとつながりがあるのか無いのか、気になるところですよね。

ただこの件に関しては、入札に参加したか否かも含めて徹底的な情報秘匿があり、会社側からは全く明らかにされていないというのが現状です。

私個人としては「そろそろ本件に関してコンセンサスが形成されて欲しい」との思いもあり、以下では私の考察を述べさせていただきます。

1/4の落札者等の公示

思い出されるのは、この入札案件の1/4付での落札者等の公示です。


1年ちょっと前から話題になっており、私を含めてドーン社による落札に期待を膨らませていた株主も多かったはずです。

しかしながら、実際の落札者は旧パナソニックシステムソリューションズジャパン社(以下、P社)でした。

1/4の場中に明らかになり、株価は始値から▲約25%の大暴落。
お正月気分を吹き飛ばすには十分過ぎるものでした(笑)

ここで「失注」と見て投げ売った方も多いかと思いますが、私はある一つの仮説に賭け、引け直前からむしろ買い集めるという行動を取りました。

(この案件がなくても、近年のクラウドサービスの安定成長ぶりから、暴落前への株価水準への回復はいずれ可能だろうという読みもありました。)

その仮説とは、お察しの通り「P社と入札前から予め手を組んでいたのではないか」というものです。


実績を重んじるはずの官公庁(警察庁)が、Live110による兵庫県警での運用実績をないがしろにする可能性は低いだろうというのが、そもそもの考えの前提としてあります。

ただそれ以外の部分でもこの仮説を裏付ける複数の材料を集めることができ、途中からは確信に変わっていったのでした。

以下、時系列で説明していきたいと思います。

①有価証券報告書からの気づき(22年1月)

上記仮説に沿って何かヒントになるものはないかと2021/5期の有価証券報告書を読み込んでいたところ、大きな違和感を抱いた箇所がありました。

P.8の、主なクラウドサービスについて記載されている箇所。


私が「あれ?」と思ったのは、既に十分な稼働実績があるLive110が記載されていないのに、リリース間もないLive-Xが記載されている点です。


「なぜLive110を表に出していないのか?」


この点を確認したところ、

「110番通報向けの映像通報システムが、47都道府県一括導入の入札案件とされている時点で、当社のサービス『Live110』として拡販することが想定されないため

との回答でした。

確かにこの時点での当社の規模感からして、諸々の設備・システム導入(警察なので全てクラウドというわけにはいきません)やサポート体制も鑑みれば、全国一括案件に対応していくのは難しいのでしょう。

そのような判断を入札前に予めしていたとうかがわせる回答内容ですね…

逆に「Live110ではない別の形”として、間接的に入札に関与している」「そもそもLive110としては、初めから入札に参加していない」可能性が十分あると、この時点で考えました。

②主要取引先へのP社の追加(22年3月)

3/30付で、ホームページ上に「主要取引先を更新しました」という新着情報がありました。

ここの末尾に、新たにP社が記載されました。

それまでしてこなかったこの種のリリースを、わざわざしていることだけでも十分なのですが、さらに注目すべきはそのタイミングです。

実はP社は、4/1付でグループ再編に伴い「パナソニックコネクト株式会社」へ社名変更をすることが決まっていて、このリリースはその直前のことだったのです。

私も社名変更のホームページへの反映について指摘したのですが、「次の更新のタイミングで反映させていただきます」との反応でした。

このことから、「これはあの案件について今でも気に掛けている人々に対しての、当社なりのメッセージに違いない!(=ハッキリとは言えない大人の事情がある)」と察しました。

わざわざ落札時点の旧社名のまま残しているというのは、そういうことでしょう。

この時点で、協業していることをほぼ確信致しました。

③株主総会での質疑応答(22年8月)

先日記事に書いた通り、株主総会では私からの質問に対し「契約上の理由から回答できません」とのご回答をいただきました。

これで本件に関して、何らかの契約があることが明らかになりました。


以上から、ドーンとP社は協業していることはまず間違いないというのが、私の考察です。
注:裏を取ったわけではなく、あくまでも個人的な見解に過ぎません


ちなみに直近2022/5期の有価証券報告書では、Live110がひっそりと掲載されています。


兵庫県警のLive110はいずれ新システムに移行することが既定路線なのに、あえてここに載せていることに私は着目しました。

これを「110番映像通報システム」はLive110をベースにしているという、投資家へのメッセージでもあると捉えるのは、考え過ぎでしょうか?

あともう一つ決定ヒントとして、以下にある動画をよーく見てみて下さい。
どこかで見覚えのあるものが…

映像や画像で初動を迅速に「110番」に映像受信システム 全国で10月から導入(島根・松江市)(TSKさんいん中央テレビ) – Yahoo!ニュース


ここまでの経緯は、推理小説を読み解くような楽しさがありました。

たまにはこういうのもいいですね。

今後の業績への貢献については … またの機会に。

有価証券報告書は、仮説を持ってしっかり読みましょう。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑ ポチっとお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました