SHOEI株主総会2021(1)(★★★★★)事業報告・質疑応答その1

株主総会・説明会

2年連続の参加となります。

コロナ禍にあっても、招集通知に「当社は、株主総会を単なる議決の場に留まらず、株主様と当社間の貴重な交流の場と考えておりますので多くの株主様にご出席いただけるようお待ちしております。」と書き続けていただいているからには、参加しないわけにはいきません。

今回は、中国向けの販売が今期落ちる背景、及びその後の見通しを確認するのも大きな目的としてありました。
(結論を言えば、大きな収穫がありました。)

(株)SHOEI【7839】:詳細情報 - Yahoo!ファイナンス
(株)SHOEIの05/25の終値は4,660円でした。前日終値、高値、安値はもちろんのこと年初来高値/安値もご覧いただけます。掲示板もあります。


株主総会

日時・場所・お土産

2021年12月23日(木)午前10時

東京都千代田区一ツ橋二丁目6番2号
一般財団法人 日本教育会館 一ツ橋ホール 8階 第一会議室

お土産 無し


68席に対し、参加者は45名前後。
前回より増えましたね。

議長は石田社長。
議長席にはアクリル板が設置されていましたが、マスク着用のままお話をされていました。

株主総会終了後、今期見通しについての説明会もある旨、案内がありました。

事業報告

事業報告は、決算説明資料の「2021年9⽉期決算実績」のパートを石田社長が説明する形でした。

中国に関しては、北京・厦門の2つの代理店があるものの、何がどう伸びているのか明確な答えがもらえないことから来るフラストレーションの存在、中国向けの戦略をどう描いていいのか分からないという背景があり、SHOEI上海を稼働させていく旨の説明が改めてありました。

当社の株主総会の素晴らしい点の一つに、前回の株主総会で発表した定性課題に対する進捗を発表することがあります。
未達項目は3点ありました。

  1. HUD(ヘッドアップディスプレイ)ヘルメット開発完了(未)
    広島の電子機器メーカーとNAVITIMEと組んで進めているものの、慎重に慎重を重ねているため、発売は今期にずれ込むことに。
  2. SHOEI ASIA CO., LTD.(タイ)の本格稼働(未)
    日本の工場の訪問ができず輸入許可が下りない状況が続いていたが、最近は例外的に少しずつなら売ってもいいという状況に。
  3. 新事業の検討(未)
    現状プレミアムヘルメットの一本足打法であり、新事業の具体化は進まず。(言い訳にはなるが)本業が納品しきれておらず、経営資源を割ける状況には無かった。

あと印象に残ったのは、「SHOEIの強み」の部分。

カッコよくて機能がいっぱい付いたヘルメットは(商品開発)、規格が通しづらく(品質管理)、大量生産しづらい(生産)。

この3つの動作はトレードオフの関係にあるが、それぞれが各地にばらけていた場合、オンタイムで調整するのが難しく、そこにもMade in Japanを維持する意味があるとのことでした。

決議事項
  1. 剰余金処分の件
  2. 取締役3名選任の件
  3. 監査役1名選任の件

(ここまでで44分)

質疑応答(1)

(理解促進のため、構成・内容には若干手を加えています)

質疑応答は基本的には石田社長がまず受け、その後内容に応じて管掌の方にバトンタッチする形で対応されていました。

【質問1】

9年連続増配に感謝する。
譲渡制限付株式を付与される従業員が羨ましいものがあるが、従業員に関する質問をさせていただく。
1.持株会を作ることは検討しているか?
2.前期は「障害者雇用納付金」が発生していて残念に思うが、その事情は?


1⇒
(石田社長)
かつて持株会が存在したことがあったが、応募者が足りず長続きしなかった。
今は正直何も準備していないが、今後検討の上、来年の総会でご報告できればと思う。

2⇒
(鶴見専務取締役生産本部長)
障がい者だけというより、クモ膜下出血であったり、交通事故に遭われたりした方にも、できるだけ働いていただきたいという考えが根本にある。
ほとんどのものを労災に申請してやっていこうという考え。
単に病状の重い人は復帰できないということではなく、給料が下がるのは仕方ないとしても、できるだけ座って作業ができるものをやっていただく、外注をやめて自社でできることを増やす、といったことをやっている。

最後まで面倒を見たい。
70歳まで働きたい人は、大いに働いてもらいたい。
その中で補助金も発生する。
できるだけリタイアさせたくない。


→ 少し質問の本来の趣旨とはずれた回答ではありましたが、従業員に長く働いて欲しいという当社の考えは十分伝わりました。


【質問2】

ECの拡充に関して、前期実績と今期及び将来に向けての考えをお聞かせ願いたい。



(山口財務経理部長)
ECは子会社のSHOEI SALES JAPANで行っているが、ECだけの数字で見れば微々たるもの。
1%に満たない程度と思っていただければ。

(石田社長)
今後の戦略として、日本国内でECを積極的に増やすことは考えていない。
95%以上は代理店・販売との協業でやっており、今後とも彼らは無くてはならない存在であり、対抗してまで増やすつもりはない。
あくまで地方で買えない方への利便性の提供という側面から行っているものであり、値引きやおまけの類を行ってバッティングするようなことがあってはならない。
また、PFS(パーソナル・フィッティング・システム)はECではできず、そこは解決していないという問題もある。
ECは月に100~200個程度の話に過ぎず、様子を見ながらというところ。


【質問3】

コロナ禍においては二輪車は勝ち組であったと認識しているが、今後はどうなるか知りたい。
1.新規事業について。空飛ぶバイクが数年後実用化する話もあるが、専門のヘルメットを商品開発する考えはあるか?
2.フランスの警察向けに納入されているが、今後も警察・ミリタリーとの取引は続けていくのか?


1⇒
(志田取締役商品開発本部長)
場合によっては専用の規格が発生する。
規格が無いので検討していないが、出てくれば対応する。

2⇒
(石田社長)
フランスの警察・ミリタリーは継続中で、3年更新だが今後も取引を続けることになろう。
警察は市民のセキュリティを守り、ミリタリーは戦争用ではなくミリタリーポリス(憲兵)向け。
コンプライアンス面に関わることでもあり、慎重に対応している。
柱として積極的にやっていくのではなく、採算等を見てどちらかと言えば受け身でやっていく。
なお、品質を評価され、世界中の警察からひっきりなしに引き合いが来ている状況ではある。


【質問4】

個人投資家との関係性についてどう考えているのか伺いたい。
他の会社では「株主総会には来るな」みたいな対応が多い中、逆に来てくださいと言える御社は素晴らしいと思う。
私は高値掴みをしてしまったが、応援は続けたいと思っている。
ただ、決算説明会に関してはババっちいと思っているのか知らないが、個人投資家は受け付けていない。
年1度の株主総会だけではなく、情報は鮮度が命なので、そこに個人投資家も入れればいいと思う。
石田社長を信じたい。
個人投資家を実際のところどう思っているのか?



2~3年前までは(一般の)個人投資家向け説明会も開催していたが、私が提案して止めた経緯がある。
何割かは居眠りをしていたりして、どれくらい意味があるのか疑問に思った。
わが社の株主とは違うだろう。
興味のある方を絞ってできるのであればやってもいいと思うが、全く興味の無い方を入れるのはどうかという考え。

個人投資家をババっちいと思ったことなど無い(苦笑)
機関投資家・アナリストのみとしている決算説明会に関して、何ができるのかは検討して参りたい。


→ 個人的には即時性はそこまで問わないので、既に還元いただいている決算説明資料に加え、質疑のスクリプトを還元していただけるとありがたいです。それで概ね疑問点は解消でき、質疑の重複がだいぶ避けられるのではないでしょうか。個人株主ならではのマニアックな質問は、株主総会の場で事足りるかなと思います。


【質問5】

模造品が非常に多く、見分けがつかないものも出ていると聞く。
対策をどう考えているか?



技術管理部が模造品の情報を入手し、警告したり弁護士と出向くなどしている。
残念ながらモグラ叩きであり、我々もどうしたものかと考えている。

中国政府が一斉摘発し600人の逮捕者が出たことがあった。
ヘルメットの3工場が一網打尽にされ、設備から何から没収された。
これからも中国がそういうことをやってくれれば改善していくと思う。
ゼロにするための答えは、残念ながら無い。


(続く)

説明会も含め長丁場でした。株主総会の質疑応答は途中でいったん切らせていただきます。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑ ポチっとお願いします。


コメント

  1. なりさん より:

    毎度総会報告ありがとうございます。

    こちらの前回の株主総会で発表した定性課題に対する進捗を発表するのはいい感じですね。

    最初の質問の「障害者雇用納付金」に関する回答は趣旨とはずれているような感じがしますが、他の方は誰も修正しようとしなかったものでしょうか?こういう時に議長が補足説明とか修正してくれるといいと思うものです。

    個人投資家説明会に関しては、以前やられていたけど聞いてくれない人が多くモチベーションが下がった経験があるようでしたが、今度はそんな人たちも振り向かせてやる!くらいの意気込みで取り組んでいただけるといいかなぁとも思いました。

    • 6_suke 6_suke より:

      こちらこそコメントありがとうございます。

      毎年コミュニケーションを継続していこうという姿勢が素晴らしいですよね。

      最初の質問に関しては、どなたかが補足いただけると良かったですね。

      株主以外も対象とした個人投資家向け説明会は、株主数の確保が課題ではなくなった今となっては、
      あまり力も入らないという面もありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました