今月の売買(20年7月)

今月の売買

7月の売買です。


《買い》

【6235】オプトラン(追加×5)

… 受注活動停滞による通期下方修正の懸念があり、2Q決算発表前で神経質な株価推移となっておりますが、セールスエンジニアによる直販体制というキーエンス的な要素を高く評価し、ろくすけカブスに組み入れるべく買い増ししました。

【7683】ダブルエー(追加×12)

… 1Q決算発表後という違和感のあるタイミングで機関投資家・アナリスト向け説明会を開催したという事実を重く受け止め、7月は一転、重点的に買い進めました(特に月末はドカッと下げたので、ありがたく目一杯)。店舗は都市型にも関わらず、6月の既存店は90%強と回復傾向が顕著で、自社ECの伸長(2~6月の新規登録者数+450%)から見ても、平常運転への早期復帰が期待されます。加えて公募価格の半分という株価は、中長期的な卑弥呼の買収・再生による利益の上積みが全く考慮されていない水準です。この秋冬からは卑弥呼の再生に向けた動きが本格化していきますし、国内婦人靴業界の残存者利益を享受でき、かつ海外への展開力もある企業グループとして存在感を増すという見立てをしております。

【2222】寿スピリッツ(追加×8)

… 今アカン業種シリーズの中から、本来の収益力が最も高そうなココに絞って投資する形にしました。旅行関連業界としては「リーマンショック超え」でしょうが、ゼロからブランドを築き上げるような価値創造力は他の追随を許さないものですし(ここの本質的な強みはあまり認知が進んでいないように思います)、企業沿革を見てもピンチをチャンスに変えられるだけの底力が感じられます。こちらもネガティブ面は織り込んだとみて月末に重点的に買い増ししたのですが、業績回復にはやはり時間がかかりますよね。集め始めるタイミングが早かったのは大いに反省。。


《売り》

【7320】日本リビング保証(一部売却×12)

… 売り崩されやすい超小型株をいくつも抱えておきたくないというのもあり、大幅に減らしました。ここの事業自体はニッチで上手にやっている印象はあるものの、大きくスケールしていく感覚までは持てませんでした。元々は割安度が際立つ中、余資の運用としてエントリーしていたということもあり、株価が堅調なうちにポジを縮小することに対してはあまりためらいは無かったです。

【2820】やまみ(一部売却×4)

… 目先では株価が大きく上昇する材料に乏しくなってしまった一方、下値は比較的堅かったので、ここも売って手元資金を確保しました。2020/6期の着地については全く心配しておりませんが、毎期ローリングしている中期経営計画がまた後ろ倒しになる懸念が頭をよぎったのもあります。関東圏での浸透度合いが加速してくれれば良いのですが。。


《優待・地方関連・その他「成長株いけす」》

【2469】ヒビノ(全部売却)
【3085】アークランドサービスホールディングス(全部売却)
【3087】ドトール・日レスホールディングス(全部売却)
【3387】クリエイト・レストランツ・ホールディングス(全部売却)
【3543】コメダホールディングス(全部売却)
【6073】アサンテ(全部売却)
【6078】バリューHR(全部売却)
【6547】グリーンズ(全部売却)
【7458】第一興商(全部売却)
【7856】萩原工業(全部売却)
【9201】日本航空(全部売却)
【9202】ANAホールディングス(全部売却)
【9416】ビジョン(全部売却)
【9853】銀座ルノアール(全部売却)


当面の業績が壊滅的となりそうなものを中心に、月初より優待株の処分を徹底しました。
「真の優待株」(優待無かりせば買うことの無かった株)で残っているのは、もうビックカメラくらいですかね。

投資をよりシンプルなものにしていきたいという考えが強くなり、タイミング売買が求められる割に実入りの少ない優待株はもうあまり持たない方針としました。

買いの方は、全て「超 超絶 逆バリ!!」(某社のパクリ)です。
柱のいくつかが比較的安定しているのでちょっと冒険してみたつもりが、月末にセリング・クライマックスが来てしまい、結果的にそこそこの冒険にまでなってしまいました()

今は何かと我慢の時ですが、一社一社に対するフォローをより丁寧にしていけるよう、全体の銘柄数はある程度絞っていきたいですね。

当面は手持ちの株の中でのバランス調整に終始する感じとなりそうです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑ ポチっとお願いします。

コメント

  1. MARCHAN より:

    ろくすけさんの人柄にひかれて、ブログ楽しんでいます。
    月末、日本株暴落した中、JT株を損切りしました。半値になってしまったのに、
    高配当だから、6年持てば元がとれるとか屁理屈を考えて持っていたのですが、趣味がストレスになってはと、決断しました。ろくすけさんの「価値が大事」だということで、考えた末、OBCを買いました。オービックを買いたかったのですが、株価が高すぎて、妥協してしまいました(笑)。
    その後、JTの配当は維持されるとのことで、あせって決算前に売ったこと、後悔しそうです。

    • 6_suke 6_suke より:

      いつもありがとうございます。

      JTに関しては、毎期減配にビクビクするようなストレスフルな投資から逃れることができたと、前向きに捉えることもできます。

      一方のOBCの方はキャッシュマシーンですし、ゆったりと構えられますね。

      銘柄の入れ替えには後悔がつきものですが、いったん大きな含み損を消してリフレッシュする効果が勝るかと思います。

タイトルとURLをコピーしました