神戸物産株主総会2020(1)(★★☆☆☆)~20年1月 神戸物産総会旅行記その2

株主総会・説明会

ということで総会に参加です。
業務スーパーのフランチャイズチェーン本部の会社ですね。
いまや1単元のみの保有ということもあり、事前の勉強は全くしていないことをおことわりしておきます(苦笑)

(株)神戸物産【3038】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス
(株)神戸物産(3038)のリアルタイム株価を掲載。チャート、配当、関連ニュース、決算情報、株主優待、掲示板、関連銘柄など、個人投資家の銘柄選択と売買の検討に便利な情報を掲載しています。

株主総会

日時・場所・お土産

2020年1月30日(木)午前10時

神戸市中央区港島中町6丁目10-1
神戸ポートピアホテル 南館1階 大輪田の間

お土産:業務スーパー御優待券2,000円分

1,600名強収容できる会場でしたが、出席者は半分をやや下回る状況。
新型肺炎の影響もあったのでしょうか。
社員さんはマスクを着用しておりました(壇上の方々は着用せず)。

事業報告は簡単なスライドを使いつつ、田中副社長が大部分、沼田社長が対処すべき課題の箇所について招集通知の内容を読み上げる形でした。

決議事項は以下の2つです。

1.剰余金の処分の件
2.取締役5名選任の件

質疑応答(1)

(理解促進のため、構成・内容には若干手を加えています)

質疑応答は主に沼田社長が対応されていましたが、そうでない部分は役員名を補記しています。
一般になじみのある業務スーパー事業を行っており質問の数も多かったので、2回に分けます。

Q
セグメントの損益が事業報告に記載されておらず、人件費上昇や原材料価格の高騰の影響を受けるクックイノベンチャー事業、売上高23億円に対し22億円強の設備投資をするエコ再生エネルギー事業が利益が出ているのか気になる。もしも赤字なら、黒字化する計画をお示しいただきたい。

→ 決算短信を見ればしっかりセグメント利益が記載されているのですが、こちらの企業の場合、そこまで見る個人投資家は実は多くないのかもしれませんね。

A
現状は全ての事業が黒字(数字も仰っていましたが、割愛します)。
クックイノベンチャー事業については、不採算店舗の閉鎖を計画的に行い減損損失を計上してきたが、それも一巡した。今後業態転換を行っていく。
エコ再生エネルギー事業の投資は、今後発電が見込まれる宮城・福島・大阪の大型案件。20年の買取期間中、12年が回収期間で、残り8年がまるまる利益となるのでご安心を。

Q
新型肺炎のリスク・影響をどのように考えているか。

A
(品質保証部担当 髙谷執行役員)
中国産は10%
工場生産の延期・物流の混乱といったことが懸念されるが、生産は一部の地域に限られている。
現状、日本での受け入れはストップしていない。
情報収集に努めつつ、安定供給を図っていきたい。

Q
小売店舗において、障がい者への対応が雑に感じる。
総会対応についても一部よろしくない点が見受けられた。
社員教育体制はどうなっているのか。

A
不手際があり申し訳ない。
障がい者対応については、スーパーバイザーにより定期的に指導を行っている。
ご指摘は持ち帰り、対応改善に努めさせていただく。

Q
従前、エジプトの農業、大分の温浴施設に力を入れていたイメージがあるが、その後どうなったのか?今後の展開は?

A
エジプトは農業を続けており、小麦とマメ科の牧草を作り、エジプト国内や欧州で販売している。
毎年改良が進み、CSRでも貢献している事業。
温浴はうまくいっておらず、再生も難しく、売却の方向で考えている。

Q
グループガバナンスについて確認したい。
①内部統制システムはどのように改善を進めているのか。
②コンプライアンス面はどのように教育しているのか。
③内部監査はどのように実施され、監査に基づく指摘にはどのようなものがあったのか。監査役にもお聞きしたい。

A
①③については、合わせてお答えしたい。
内部監査員がグループ各社を巡回し、ルールの整備、適正に行っているかのチェック、面談、アンケート調査を実施する等、全般的に見ている。
②については時代に応じて特に力を入れている分野。
本社管理職全員が研修を受けているし、各グループ会社へも類似の内容の研修を展開している。

(田治米常勤監査役)
内部監査員4名が巡回している。
その内容を、毎月社長・副社長・監査役に報告する体制。
前期に関しては指摘報告事項は無かった。

Q
前期の業務スーパーは+32店舗の純増で845店舗となった。
少子高齢化の中で、出店余地はいかほどのものか。

契約A
(渡邉取締役)
今期は+30店舗の出店計画。中期的に900店舗、長期的に1,000店舗としたい。
カテゴリーを工夫し、小規模・小商圏でも出店できるようにする。
中食・外食にも力を入れていく。

(社長)
各加盟店の損益状況を確認しながら、昨今フランチャイズ契約で問題となっているコンビニ業界のようにはならないようにし、うまく各店舗が継続して利益を上げられる状況を作っていきたい。

→ この辺りの社長のフォローは流石だなと感じました。

(続く)

沼田社長はまだ30代なんですねえ。。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました