ろくすけカブスのスタメン状況(20.1.31)

ろくすけカブス

1月末のろくすけカブスです。

これまでの「3強」が「4強」になり、分散度合いがとてもイイ感じになりました。
1月はeBASE様様でしたね。

次にランキングです。

ということで、3位と4位が入れ替わりました。
そしてメディアドゥHDに代わり、カチタスが新規加入致しました。

こうして眺めていると、「独自の価値を創造し提供し続ける企業」という観点で選んだものが大部分を占めていることに気付きます。

その中でも特に「社会的課題の解決に貢献している」と実感できる企業は、ともに相場の荒波をも乗り越えていけるイメージがあり、自ずと握力も強くなるのだと思っています。

ファンダメンタルズよりも「『不安だ』メンタルズ」が支配する日本の株式市場。でも頑張ります。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメント

  1. いつでも損失 より:

    こんにちは。最近、ろくすけさんのブログを拝見するようになりました。個人投資家の中でも好きな投資スタイルをお持ちの方です。著名なのにでしゃばる感じもなく、とても好感を持っています。理論、理屈もわかりやすく説明して下さっていますし、腑に落ちるものが多くてとても勉強になります。有難うございます。
    そうそうEBASE、日本リビング保証は私も保有しているのですが、心強いです。いけすはいいですね、。カチタスというのは初めて知りましたが、まだまだこれからというか初動というところなんですかね。

    二つお聞きしたいのですが、一つは購入されているものやいけすの銘柄はそれぞれDCFで理論株価を算出しているのですか?

    もう一つは、ダブルエーは私も注目しているのですが、ろくすけさんが仰っているようになにぶん今の状況だととても買いづらいのです。サプライチェーン等の問題で再度、下方といったことも十分ありそうで弱小投資家には・・・(笑

    御手隙の時にでも回答頂けたら嬉しいです。
    宜しくお願い致します。

    • 6_suke 6_suke より:

      こちらこそ励みになるコメント、ありがとうございます。

      DCFで理論株価をはじくのは少々手間がかかりますので、いまのところ機動的な売買をしない前提のポートフォリオ上位に限った運用にしています。
      右肩上がりの業績推移が見込めないと、使いづらいというのもあります。
      その点、eBASE、日本リビング保証、カチタスはOKですね。

      ダブルエーに関しては、現在の最悪な環境下ではなく、平常時で見たらどのような価値があるかを考え、そこに評価余地を見出しています。

      サプライチェーンに関しては私も懸念しており、しばらく機会損失が発生する可能性をも踏まえ、株価的には低空飛行が続くことは覚悟しています。
      ですがそれも長い目で見れば一時的なものという判断です。

      今後とも応援よろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました