東尋坊観光遊覧船~19年12月福井旅行記その2

旅行

東尋坊に到着しました。

来る前は雨が降るかもしれないという予報だったのですが、来てみると天気はまずまずで、海も荒れていないようです。

ということで観光遊覧船に乗ることにしました。
大人1,400円です。
京福バスの「永平寺・東尋坊2日フリーきっぷ」を購入しておりましたので、そこから200円引きとなりました。

なかなか凄いところに船着き場がありまして、急な階段を降りていく必要があります。

出航しました。
乗船前の印象と違い、グワングワンと船が揺れまくりやがる。
これ、やばいやつかも・・・

沖へと離れていきます。

石川県との県境の方向です。

続いて行きのバスからも見えた雄島に近づきます。

写真は雄島灯台と板状節理です。
溶岩流が冷えて固まった結果、このような独特の流れるような形状の岩々が並んでいます。

航路を折り返して雄島に再び近づいていきます。

「ハチの巣岩」と呼ばれる箇所です。
雄島が巨大な柱状節理からなる島であることが分かります。

紺碧の海と真っ赤な橋のコントラストが美しいです。

マーブル模様の海岸。
あの洞窟の中はどうなっているのでしょうか。

いよいよハイライト。
船は「大池」と呼ばれる窪みの部分に入っていきます。
景勝地の名前の由来となっている坊主「東尋坊」が突き落とされた場所でもあります。

この迫力!
海から両側に柱状の岩がひしめくようにしてそびえ立つこの光景は、海上からしか見ることができません。
高さはビル8~9階に相当するとのことです。

いちばん右の手前の岩が「ライオン岩」です。
ライオンが背中を向けて、腹ばいに寝ているように見えることからそう呼ばれています。

東尋坊タワーの右下、上部が丸くなっている岩が「ロウソク岩」です。

これにて1周約30分の船旅は終了。
想像以上の揺れが続いたため、若干気分が悪くなってきたような…
写真を撮るのに熱中し過ぎたのが良くなかったですね。

とはいえ、見所も多く結構楽しかったです。
天気が良ければ、乗船されることをオススメします。

遊覧船というより揺~覧船やで、これは。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました