土屋敦子『本当にわかる株式相場』を読む。

読書

隠れた良著の発掘シリーズです。

著者は「日本人にもっと裕福になってもらいたい」「誰もが投資することが日常的に普通なことになるよう投資することのハードルを下げ、投資することで資産を増やすお手伝いをしたい」という想いから運用会社を起業した方です。

そして、個人投資家に向けて株式市場でどう振る舞うべきかという「知恵」を授けてくれるのが、本書の位置づけになります。

日本株のロング・ショート戦略を得意としている著者は、「株価を動かしているファクターが何か」という観点に着目しながら柔軟にポジションを変え、絶対リターンを追求することを基本としています。
リーマンショック時もネットショートのポジションを取ったことで、なんとプラスで乗り切ったとのこと。

タイトルや目次などからは初心者向けかと思いがちですが、このようなスタイルの方ですから、株式投資の基礎について幅広い側面からみっちりと書かれています。

また、一見まとまりがないようにも思えますが、株式投資について一通り知識を得た(つもりになっている)初心者卒業レベルの個人投資家にとって、意外と発見することの多い本なのではないかという印象です。
さらっと読めるけど、書かれていることは実は深い、みたいな。

「『企業価値としての株価』が動くしくみ」と「『相場としての株価』が動くしくみ」(つまり期待と株価の関係)の両方に相応のページを割いているのがポイント高いです。

個人的には、「株価」や「企業価値」とは別の概念として、期待感・失望感が織り込まれた「フェアバリュー」を考えること、つまり上がる確率も考えて効率良い投資をすることが大切という点が響きました。
そこは課題に感じていたところでもありましたし。

商売っ気の全く無い、プロから個人投資家に向けた魂の感じられる貴重な本として、オススメしておきます。

やっぱり株式相場は、本当にわからない(笑)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました